« 「死刑執行、自動的に進むべき」 鳩山法相が提言 | トップページ | 自所でのことすら学ばないのか »

失敗から何も学ばないのは刑務官自身?

またしてもWinnyで受刑者情報流出ですか。
ホント、失敗から何も学ばない人たちがいるのですね。そういう人が人を更生させる仕事に就いているとはと思うと、嘆かわしい。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071026k0000m040017000c.html
水戸少年刑務所:受刑者氏名情報がネット流出

水戸少年刑務所(茨城県ひたちなか市)の刑務官の私物パソコンがファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」のウイルスに感染し、同刑務所に収容されている受刑者約120人分の氏名などがインターネット上に流出した。現在、同刑務所に収容されているのは成人ばかりで、逮捕当時未成年だった受刑者の情報は確認されていない。
 法務省矯正局によると、流出したのは、受刑者のほか、職員約900人の氏名など。この刑務官は今年4月ごろ、上司から故障した業務パソコンのデータ修復を依頼され、無断でハードディスクを自宅に持ち帰った。私物パソコンの復元ソフトを使って修復しようとしたが、ウィニーのウイルスに感染し、上司のデータが流出したという。
 今月16日、内閣官房情報セキュリティセンターから法務省に連絡があり、情報流出が判明。ウィニーの使用について、刑務官は「ウイルス対策もしており、感染するとは思わなかった」と話しているという。
 昨年2月にも、京都刑務所の刑務官の私物パソコンがウィニーのウイルスに感染し、受刑者情報を流出させたことが発覚。矯正局は内部データの施設外持ち出しを禁止する通達を出していた。
 梶木壽(ひさし)矯正局長は「原因や背景について迅速、適切な調査を実施し、再発防止の徹底を図りたい」とコメントした。

もう、警察ぐらい厳しく懲戒免職でいいでしょう。「ウィニー:捜査情報2千件流出 三重県警巡査が懲戒免職に」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071013k0000m040135000c.html 

累犯受刑者のことを懲りない面々と言ったりしてますけど、一番懲りていないのは刑務官自身なのか?と思いますね。
自分だけは大丈夫……って思って、Winny使い続けていたんでしょうね。

業務用パソコンデータが壊れるというリスクも考慮していなかった上司も馬鹿だよなーと。部下に修復を依頼しないといけないぐらいに大事なデータだったら、バックアップぐらいとっておけ!

官舎に住んでいると、たまーに上司による捜検が入ったりしますが、私物パソコンの中まで捜検されたいんですかね?

今回の一件で、現役の人たちはまた調査とかで大変でしょうけど・・・。

(追記)
一般社会から隔離されているという点では、自衛隊とも似ていますね。自衛隊でのWinny情報流出が止まらないことに関する記事で、以下のような指摘があります。「自衛隊Winny情報流出 多発する本当の理由

対策以前の問題とも語る専門家もいる。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏は自衛隊の「危機管理・情報管理能力」に警鐘を鳴らす。
「自衛隊は感覚が甘いんです。一般社会と隔絶されていることで、一般社会の常識が自衛隊では常識になっていない。私物のパソコンで業務を行うことも、つい去年までやっていたんですよ。ITの進歩にはついていけてないし、技術にも疎いんですよ」

矯正の世界もそう変わりないなと感じました。一般社会での常識が組織内で常識になっていないというのは、仕事内容考えると自衛隊以上にタチ悪いですね。

|

« 「死刑執行、自動的に進むべき」 鳩山法相が提言 | トップページ | 自所でのことすら学ばないのか »

コメント

自衛隊の情報管理は今は徹底していて、駐屯地内で作ったファイルは一般のPCでは絶対に読めない。USBメモリ内に何があるかも・・・

投稿: ある意味兵の中 | 2007-10-30 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗から何も学ばないのは刑務官自身?:

» データ修復 [データ修復]
データ修復 [続きを読む]

受信: 2007-11-12 05:19

« 「死刑執行、自動的に進むべき」 鳩山法相が提言 | トップページ | 自所でのことすら学ばないのか »