« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

「格闘技」と称し受刑者を空手でタコ殴り、70試合以上を申し込んだ刑務官懲戒免職-名古屋拘置所

時事通信から。

愛知県半田市の半田拘置支所内で、受刑者らと「格闘技」と称して殴り合いをしたなどとして、名古屋拘置所は7日、同支所の香月亨一職員(40)を懲戒免職処分としたほか、監督責任などを問い、上原浩支所長(53)を減給100分の10(1カ月)とした。
香月職員は約1年半の間に70回以上「試合」をしており、 「意思疎通を図りたかった」などと話しているという。
同拘置所は今後、特別公務員暴行陵虐容疑での刑事告発も検討する。
同拘置所によると、香月職員は同支所の刑務官だった2005年9月上旬ごろから昨年2月にかけ、夜間勤務中に受刑者の居室の鍵を無断で持ち出し開けた上、 20代から30代の男性受刑者7人に空手の試合を申し込み、 殴り合いや関節技の掛け合いをした。
一緒にトランプなどのゲームにも興じ、 負けた際には罰として殴ったり、ペンの先端部で頭を多数回突いたりした。
また、「夜勤明け後、早く帰りたい」との理由で、内規に反して夜間に複数回入浴させていた。
菓子やコーヒーの差し入れのほか、昨年2月には「試合」をした受刑者が痛みを訴えたため、
睡眠薬30錠も不正に渡したという。

刑務官としてあり得ない行為のオンパレード過ぎて、さて何からつっこむべきなのか。

当然、「格闘技」と称して、受刑者と殴り合いをしたという部分は問題ですし、これによって痛みを訴えた受刑者がいる以上、特別公務員暴行陵虐容疑での刑事告発の検討もあり得ます。

眠剤30錠を不正に渡していたというのも、叩けばまだホコリが出てくるでしょうね。ハト行為やっていなかったかどうかも調査対象になるでしょう。

あと、夜間に居室の解錠をしていたということは、通常ではよほどの事態がなければあり得ない。緊急事態でもないのに、夜間に居室の解錠をしていた、しかもおそらく単独開扉でやっていたのでしょうからこれまた問題。

本人の資質に問題があったとしかいいようがない。

ですが、夜間勤務中に、居室の鍵の持ち出しだの、入浴だのって、こんなのは幹部の指導力も疑われますよ。単に机に座って一定時間何事もなく過ごせばいいっていうのが見え見え。
部下の暴走を止めるのは幹部の役目。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »