« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

ココログのプラン変更を考えています

woman_jailerです。
ココログのプラン変更を考えています。
現在プロプランというのを利用しているのですが、月々の負担とかのこともあるので、ベーシックプランに移行を考えています。
URLの変更はないです。

ベーシックプランに移行した場合、セカンドライター制が使えなくなるので、セカンドライターの募集はやめる予定です。
後、若干デザインに変更が出るかと思います。

移行予定として来月末を考えています。

ということでよろしくお願いします。

(追記)
本日で、セカンドライターの募集はやめました。
近頃の事情を考えると、Webという場で、「名無し」以外で語るのは難しいのだろうかとも思ったりします。

「閉鎖」でなく、「プラン移行」という選択肢を選んだのは、今は亡き友人の生きた証を残したいから。
この8月で自殺という形で世を去ってから丸3年になります。
今年、私は彼女が生きた年齢と同じ年齢になりました。
私自身が次の誕生日を迎えたとき、どう生きているのだろうかと考えたりもします。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

裁判員制度と終身刑設立の動き

お久しぶりです。
3月に転職してからバタバタしてまして、なかなかBlogの記事を書けない状況に。

裁判員制度スタートまで1年切りましたね。
スタートを機に、死刑反対派が終身刑の導入を考えているとか。

時事通信社の記事より。

 超党派の国会議員でつくる「死刑廃止推進議員連盟」(会長・亀井静香国民新党代表代行)は17日午後、衆院議員会館で会合を開き、「重無期刑創設及び死刑評決全員一致法案」をまとめた。来年5月に裁判員制度が始まるのを踏まえ、死刑判決を下すに当たりより慎重な判断を求めるのが目的で、(1)仮釈放のない終身刑として「重無期刑」を導入(2)1審での死刑判決は裁判官や裁判員の全員一致が条件-との規定を設けた。

今の無期懲役の実態と、有期刑の上限が30年になったのを鑑みれば、無期懲役を言い渡された者が娑婆に戻れるのは、受刑開始から20年はかかるでしょう。で、仮出所になっても、あくまで「仮」であって、何か事件を起こせば、当然仮出所取り消し。生きている限り、罪はつきまとう。

生きている限り罪がつきまとった上に、娑婆に出られないとなれば、終身刑の受刑者は何を支えに生きればいいのだろうか。
終身刑の受刑者がいることで、他の受刑者に悪い影響を及ぼさないのか。
終身刑が導入されたとしたら、刑務官自身のモチベーション維持をどうするのか。どう接すればいいのか。

税金で極悪人を飼い殺し?な考えも否定できないし。

いつ執行がなされるかおびえながら社会から隔離されるのと、一生出られないとわかりながら社会隔離されるのとどちらがより辛いのかなんて、当事者でなければわからないでしょうね。

裁判員制度ですが、私は選出される可能性があります(現役の方はないです)。そのときに、人の生命や生き方全般に関わるような量刑をだせるのかって思ったりもしますよ。

拘置所とか刑務所とかで勤務していたからこそ、いろいろ複雑に考えてしまうところがあるのかなぁ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (10)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »