« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

裁判員制度:被告にネクタイと靴着用認める 法務省方針

毎日新聞より。
http://mainichi.jp/photo/news/20080723k0000m040038000c.html

裁判員制度で法務省は、被告が希望すればネクタイと靴の着用を認める方針を決め、22日行われた東京地裁での模擬裁判で被告役が着用した。日本弁護士連合会の要望を受けた措置で、着席位置も従来の被告席から弁護士の隣に変更して行われた。
 法務省は、▽ネクタイ着用は自殺の恐れがある▽靴の着用は逃走が容易になる--として認めていなかった。このため被告はノーネクタイ、サンダル履きが一般的だったが、市民から選ばれる裁判員に対する印象が悪く、有罪の予断を抱かせる恐れがある、と日弁連が変更を求めていた。
 採用されるネクタイはフックを首回りに取り付ける形。靴は見た目が革靴でかかと部分のないサンダル。いずれも市販品で、拘置所が希望する被告に貸し出す。
 被告の着席位置も、日弁連から「刑務官に挟まれ意思疎通が困難」との指摘を受け、弁護士の前にある被告席でなく、弁護士の隣への着席を認める。


男性がネクタイを着用しないことが裁判員に対する印象を悪くするのであれば、女性がスッピンのままでいることも裁判員に対する印象を悪くするんじゃないの?
確かに化粧水と乳液は自弁だけど拘置所内で使えるよ。でも、ファンデーション塗ったり、口紅をつけたりといった社会人として当たり前の化粧はできない。

たしかに裁判員制度を適用されるような重大な罪に問われているっていうのはあるけど、女子の被告が女性としての心まで失っているわけじゃない。

公判の時にはせめてよそ行きをということで、公判の日にあわせてよそ行きの服を仮出し・領置していた女子の被告も見てきた。

日弁連は全く持って女性の気持ちなどわかりもしない連中の固まりなのだろうかと思う。


それと、被告の着席位置で、弁護人の横も認めるという方針になるそうだが、これは非常に危険だ。
逃走の気配を見せられたら、距離的には追えるかどうかぎりぎりぐらいだ。間に合わない危険性も高い。
開廷したら、手錠すら使えない。しかも靴を履いているとなれば・・・最悪の事態も十分考えられる。

現状、裁判所の構造上、傍聴席側から見て右手が弁護人、左手に検察官というパターンが多い。で、傍聴人向けの出入り口は弁護人側についていることが多い。

日弁連は「刑務官に挟まれ意思疎通が困難」との指摘をしたが、仮監で弁護士面会もできるのに何を言ってるんだと言いたい。

逃走されたら、どうせ刑務官のせいにするんでしょ?
自分たちが主張したことが原因なのに。
全く持って、日弁連ってところは無能な連中の集まりですか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »